笑顔の職場づくり

働きやすさを追求する取り組み

タブレットPC・携帯支給

営業スタッフにはタブレットPCと携帯電話が支給されるため、場所を問わず、効率よく仕事を進めることができます。

工場内空調完備

工場内に空調設備を完備し、品質の安定と整備スタッフの作業環境を最高の状態に保っています。

営業車手当

プライベートで乗っているダイハツ車を業務に使用することができます。自家用車を業務に使用しますので、毎月手当を支給しています。

労働組合

組合員の意見や提案などを会社側に伝えやすくし、職場の風通しを良くします。自分たちの口で自分たちの意見を経営陣に伝えることができます。

工具支給

整備・修理に必要な新品工具を整備スタッフ専用として全員に無料で支給します。数十種類あります。

ワークライフバランス

休暇・勤務については制度を整備するだけではなく、活用を促進するさまざまな取組みを実施しています。

あなたを高める成長の取り組み

新入社員研修

約1カ月間、ビジネスマナーや商品知識、ロールプレイングなどの実践を通して、佐賀ダイハツの社員としての考え方とお客様対応を学びます。

ステップ研修

サービススタッフはダイハツ検定5級~1級取得を目標としたステップ研修により、更なるスキルアップを目指します。

eラーニング

新型車や新しいナビなど、ダイハツ車に関連する多岐にわたるコンテンツを、オンデマンドで学ぶことが出来ます。

健康経営
〜健全な職場づくりのために〜

お客様の安心と信頼を獲得し、お客様の満足と感動を追求するため、佐賀ダイハツで働く従業員の皆さんが、
「明るく、楽しく、元気に」輝けるよう、全社を挙げて
「健康経営」に取り組むことを宣言いたします。

令和3年7月22日
佐賀ダイハツ販売株式会社

西川 将昭

上記に伴い、健康保険組合連合会大阪連合会より
「健康宣言の証」の贈呈を受けました。

健康宣言とは?

加入者の健康増進、健康寿命の延伸を図るため、組合と事業所が連携・協力し、事業所および加入者の健康づくり等の推進に向けた取り組みを通じて、事業所の健全な運営および加入者の健康な生活の実現に資することを目的としています。

健康経営の体系

主な制度・施策例

1.従業員の健康課題の把握

  • 定期健康診断:受診率100%
  • ストレスチェック:実施率100%

2.健康経営実践に向けた基盤整備

  • 有給取得推進:5日/年以上/の取得義務付け
  • 定期的な健康増進セミナーの実施
  • ノー残業デー実施率100%

3.心と身体の健康つくり

  • 運動習慣の定着及び改善に向けた支援策:ラジオ体操
  • メンタルヘルス:オンラインを通じた保健師相談窓口の開設
  • 喫煙率減少への支援策:禁煙アプリの導入

詳しい募集要項はこちらから